流行のファッションアイテムを試してみたいけど、スタイルに自信がなくて、ついつい無難な恰好ばかりしていませんか。お出かけの機会が増えるこれからの季節、せっかくならおしゃれを楽しみたいですよね。

足が太くて着る服が限られてしまうとお悩みの方にむけて、足の太さをカバーするだけでなく、着痩せして細く見せるコーディネートを紹介します。

細く見える色を取り入れる

パステルカラーや白っぽい色の服は、膨張色と呼ばれて太って見えるので、細く見せたい部分には、黒などの濃い色のアイテムを使うというのは、着痩せテクニックでよく使われる手法です。だからといって、全身黒い服というのでは、おしゃれに広がりが持てませんね。

そこで、黒を取り入れるならば、ボトムスだけ、またはタイツだけといったように、1点のみにとどめるようにしましょう。また、濃い色の中でもネイビーなら黒より軽い印象になり、ワンランク上のコーディネートになりますよ。

すっきり見せるならストライプ柄・小さな柄

ファッションで細く見せたい場合は、目の錯覚を利用するのが近道です。着痩せテクニックとしてよく取り入れられているのがヘルムホルツの錯視と呼ばれるもので、同じ縞模様でも、ボーダー柄は横長に見え、ストライプ柄は縦長に見えるという目の錯覚です。

そこで、細く見せたいならボーダー柄よりもストライプ柄の服を選ぶと良いでしょう。また縞模様が細めのものなら、よりすっきりと見せることができます。

さらに柄ものの服ならば、大きな柄よりも小さな柄のほうが、全体の印象がすっきりとして見えます。太った足から目線をそらすために、トップスに大きく派手な柄を持ってくる方法もありますが、柄の大きな服は顔も一緒に大きく見せてしまうため、全体のバランスが悪くなってしまいます。

足首を見せて引き締まった印象に

太く見えるのを気にすると、つい肌の露出を控えがちですが、足を細く見せたいなら、クロップド丈やアンクル丈のパンツで足首を見せると重心が上がって足全体がきれいに見えます。さらにヒールを合わせるとより効果的です。

ただしスカートの場合、膝下丈だとふくらはぎが強調されてしまい、逆に太く見えてしまうことがあります。スカートならばマキシ丈で足首を少し見せるか、思い切って膝上丈にするほうが、足全体がすっきりと見えるでしょう。

まとめ

ファッションで足を細く見せたいなら、洋服の色や柄、シルエットを工夫するだけで、印象を大きく変えることができます。太っているのが気になるからといって濃い色ばかり選んだり、肌の露出を控えるよりも、一部に明るい色を取り入れたり、ポイントを押さえて肌を露出したほうが、より細く見えますからぜひ挑戦してみましょう。