ダイエットしても、足が太いままだと、遺伝だから痩せにくいのかと心配になりますね。顔つきや背の高さなどは遺伝すると言われますが、足の太さや脂肪のつきやすさも遺伝するのでしょうか。

ダイエットを始める前に知っておきたい体型と遺伝の関係について調べてみました。


太りやすさは遺伝が関係する

体質には、まぶたの一重・二重や背の高さなど遺伝しやすいものと、食べ物アレルギーや汗のかきやすさなどの遺伝しにくいものがありますが、体型を決める脂肪のつきやすさは遺伝が関係していることが分かっています。

両親が標準体重の場合、子どもが肥満になる確率が約10%なのに対して、片親が肥満の場合は約50%、両親が肥満である場合は約80%の確率で子どもが肥満になる可能性があります。

当然ですが肥満になるかならないかは遺伝だけでなく、生活習慣も大きく関係しています。太りやすい遺伝子を持っていなくても、カロリーの多い食事をして、摂取したカロリーを消費しない生活を続けていると、肥満体型になるのは明らかです。

しかし、太りやすい体質が遺伝した人は、太りにくい人と同じように生活しているのに、脂肪がつきやすくなってしまうのです。一般的には、肥満になる要因として遺伝が2割、生活習慣が8割程度であると言われています。

肥満タイプに合ったダイエット方法を選ぼう

太りやすさは遺伝すると言っても、肥満に関わる遺伝子は60種類以上あり、遺伝する肥満体質も様々です。遺伝する肥満体型は大きく分けて3種類あり、一度太ると痩せにくいバナナ型、内臓脂肪がつきやすくお腹周りが太りやすいリンゴ型、お尻や太ももなど下半身に皮下脂肪がつきやすい洋ナシ型があります。

この中で、足が太くなりやすいのは、洋ナシ型の傾向が高いと考えられます。洋ナシ型の人は、脂質の代謝が悪く、体脂肪が消費されにくいという体質なので、脂質の取り方を注意する必要があります。

中性脂肪を増やす飽和脂肪酸は控えめにして、青魚やオリーブ油に含まれる不飽和脂肪酸を摂るようにしたり、野菜や海草、きのこ類など食物繊維を多く含む食材を積極的に摂って、脂質の吸収を抑えるなど、食事を工夫してみましょう。

まとめ

太りやすさには遺伝も関係しており、肥満になる原因としては遺伝が2割、生活習慣が8割の割合で関わっています。足が太くなるなど下半身に脂肪がつきやすい人は、遺伝的に体脂肪が消費されにくいという体質である可能性が高いので、普段の食事で脂質の取り方を工夫すると良いでしょう。