妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるため、必然的に体重が増えてしまいますが、お母さんの体重は赤ちゃんや羊水分以上に増えているため、出産後も妊娠前以上の体重になっている場合がほとんどです。

このため、産後ダイエットをがんばろうと思っている人は多いかと思いますが、産後ダイエットはいつ行うのが効果的なのでしょうか。産後ダイエットを始める時期や、産後ダイエットを成功させるポイントについて調べてみました。


ダイエットは産後1か月経過してから

妊娠時に増えた体重を落とすために、産後すぐにでもダイエットを始めたい!という気持ちは分かりますが、出産後1か月以内は体の回復に当てましょう。

外見は何も変わらないように見えても、膨らんだ子宮が小さくなったり、広がった骨盤が本来の位置に移動したりといった変化が起きており、出産後の状態から回復するためには約1か月程度かかると言われています。

この間に無理なダイエットをしたり、激しい運動をして体に負担をかけると、動きやすくなっている骨盤が歪んだり、筋肉が傷ついて回復が遅れたりして効果が得られないばかりか、その後のダイエットを続けられなくなる恐れがあります。

産院によっては産後すぐの回復期に役立つ軽い体操や腹式呼吸の方法を教えてくれることがありますので、無理せずできることから行いましょう。

産後1か月経過後から6か月以内がおすすめ

出産後の回復期間には個人差がありますが、平均で1か月程度と言われています。体の機能が回復し、医師に相談してみて大丈夫そうならば、早速ダイエットを始めましょう。

妊娠中についた脂肪は、通常の脂肪と異なり、柔らかく流動性があるのが特徴です。このため、燃焼されやすくダイエットの効果も表れやすいのですが、産後6か月以上が経過してしまうと、流動性脂肪が通常の脂肪に変わって蓄積されてしまうので、産後6か月までにはダイエットを始めましょう。

しかし産後ダイエットでは無理な食事制限はNGです。特に母乳育児を行っている人は栄養が不足しがちになるので、炭水化物やタンパク質が不足しないように、ミネラルや葉酸なども意識して摂る必要があります。

無理な食事制限ができない産後ダイエットでは、エクササイズが中心になります。産後3か月以内はハードなランニングなどは避け、ストレッチや軽い筋力トレーニングで腰周りやお腹周りの引き締めを意識して行います。

さらに産後3か月を過ぎたら、本格的に運動を行います。ヨガやピラティスなら、出産で開いた骨盤を元の位置に戻す運動がありますから、下半身の肉付きが気になるときにおすすめです。

まとめ

産後ダイエットをはじめるなら、産後1か月経過後から6か月以内が最適です。出産後6か月以内は、妊娠中ついた脂肪が落としやすいので、体の機能が回復し、無理なく動けるようになったら早速始めてみましょう。

腰周りや足などの下半身太りが気になるなら、開いた骨盤を元に戻す効果のあるヨガやピラティスがおすすめです。