スカートやショートパンツからすらりと伸びた足には憧れますが、自己流のダイエットではなかなか痩せにくいのが太ももやふくらはぎです。

エステサロンによる足痩せエステに興味がある人も多いかと思いますが、頑固な脂肪を落とすマッサージや、セルライトを除去するマシンでぐいぐい押される施術はなんだか痛そうに見えますよね。

そこで今回は、エステサロンでの足痩せ方法と施術中の痛みについて調べてみました。自分は痛みに弱いからエステは無理かも、と心配な人もあきらめないで検討してみてはいかがでしょうか。


頑固なセルライト除去には痛みが伴うことも

エステサロンの痩身コースと言えば、まず思いつくのがハンドマッサージや、超音波などのマシンを用いた脂肪分解といった施術ではないでしょうか。

こういった脂肪に直接働きかける施術のほか、遠赤外線や微弱電流で体を温めて老廃物や水分を流れやすくする等のケアも行われます。

エステサロンの施術は、筋肉の凝り固まった部分がほぐれたり、体の内側がじんわりと温かく感じられて、ほとんどの場合は気持ちよくリラックスできるものです。
しかし、セルライトを除去する際は、施術部分に強い力をかけてマッサージを行わなければなりません。

セルライトは一般的な脂肪と異なり、脂肪組織にコラーゲン繊維が結合し、老廃物や水分を溜め込んで肥大化してしまったもので、除去するには強い力をかけて分解し、リンパへ流すマッサージを行うことが有効と言われています。

セルライトはおしりや太ももにできやすいため、すでにセルライトが多くできている場合は、足痩せエステで痛みが感じられるかもしれません。
しかしセルライトがうまく分解されて小さくなると、痛みも少なくなるでしょう。

痛みが心配な場合はカウンセリング時に相談

普段運動をしなくて筋肉が凝り気味、今までに足痩せエステを受けたことがなく、セルライトが溜まっていると感じられる場合は、エステの施術中に痛い思いをするかもしれません。

しかし、皮下には毛細血管が通っているため、痛いと言っても内出血するような強い力でマッサージされるわけではありません。また、痛みに関しても痛く気持ちいいという程度で、施術後は体が軽くなったような感覚を覚える人も多いようです。

それでも、痛いのは心配という方は、まずエステサロンの体験コースで痛みの程度を確かめてみると良いでしょう。体験施術中にどうしても痛みに耐えられない場合は、エステティシャンに伝えれば強さを調節してくれるので心配はいりません。

施術中の痛みが強ければカウンセリング時に相談して、加減を調節した施術が可能かどうか聞いてみるなど、痩身コースを契約する前に確認しておくと良いでしょう。

まとめ

エステサロンでの施術では、気持ちよくリラックスできるものもありますが、セルライトの状況や筋肉の状態によってはマッサージ中に痛みを感じることがあります。

内出血するほどの強い痛みではありませんが、どうしても耐えられない場合は、カウンセリング時に相談しておきましょう。